【土地の有効利用で経済を活性化】、賃貸住宅コンセプトで差別化、付加価値を創出、ZEH賃貸も普及、蓄電池も標準搭載

 少子高齢化に伴う人口減少で、世帯数も減る一方、相続税対策などでアパートは供給過剰といわれるようになった。こうしたなか、付加価値の創出を提案することで、差別化を図ることもできる。立地や地域性に基づくコンセプトや、IoTやZEH仕様の導入による利便性向上や節電・節約の実現など、その方策は様ざまだ。  旭化成ホームズは都内の賃貸入居者の年齢層の幅が広がり始めていることから、ニーズの多様化を予測している ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日