アジア太平洋95億ドル予測、JLL19年ホテル投資日本大型取引、復活の兆し

 不動産サービスJLLの「ホテルインベストメントアウトルック2019」によると、19年のホテル投資額に関についてアジア太平洋地域が世界主要地域で投資額が唯一増加すると予測した。  その投資額は、前年比15%増の95億米ドルと見込んでいる。日本やシンガポールの好調な観光ブームが後押しすると見る。品不足感から昨年の日本の売買は低調だったものの、19年は100億円を超える大型案件が既に複数件動いており、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日