重説ひな形策定で紛争を未然防止、家賃債務保証協

 日本賃貸住宅管理協会の家賃債務保証事業者協議会(浅野賢一会長)は、「重要事項説明書ひな形」の作成を進めている。利用者に契約内容の理解を深めてもらい、家賃債務保証業者登録制度の普及と保証業務の適正化を図る狙いがある。  国土交通省の家賃債務保証業者登録制度では、保証業者に契約締結前の書面交付と説明を義務付けている。重要事項説明書は契約締結前書面に相当するもので、保証委託契約の内容を説明することで、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月18日