新丸ビルで多目的窓清掃ロボ実験、三菱地所と日本ビソー

 三菱地所と日本ビソーは3月15日まで、東京・丸の内の新丸の内ビルディングで、日本初の多関節アーム搭載「多目的壁面作業ロボット」を活用した外窓清掃の実証実験を行っている。人手不足に対応した次世代型施設運営管理モデルとしての構築を目指した。  超高層ビルの外窓清掃は現在、窓面の大きさに合わせた無人の自動清掃ユニット専用機や有人で行っているが、作業ロボットを導入することで清掃性能や清掃効率の向上を図る ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月11日