名古屋の再開発「錦二丁目」を着工、野村不など4社参画

 野村不動産、旭化成不動産レジデンス、NTT都市開発、長谷工コーポレーションの4社が参画している名古屋市中区の「錦二丁目7番市街地再開発事業」(組合施行)が3月6日、着工した。開発地は名古屋駅と栄の中間に位置する伏見・錦二丁目エリア。  計画によると、再開発建物は住宅360戸と店舗・高齢者向け住宅などの30階建てA棟(延べ床面積4万5050平方メートル)と、駐車場・店舗の5階建てB棟(同4900平 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月11日