店舗賃料けん引、ドラッグに陰り、影響は限定的か

 CBREは、拡大傾向にあったインバウンド需要にやや変化がみられ、訪日外国人に人気の買い物エリアなど、ドラッグストアが店舗賃料のけん引役になっていたエリアでは、相場の調整も考えられるとした。  中国における景気減速、免税規制の強化、ECサイトにおける転売に営業許可取得義務付けなどを背景に訪日中国人の消費趣向が変化していることが背景にある。ドラッグストア15社が発表した1月の営業概況によると、上位5 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月11日