クラウドファンディング、エンジョイワークス小口出資で空き家再生、鎌倉市所有の古民家が始動、廃墟工場も収益物件に投資家と地域を結ぶ

 社会的市民権を得つつあるクラウドファンディング。その機能を活用しての空き家再生プロジェクトを積極化する動きがある。建築設計・不動産仲介を手掛けるエンジョイワークス(神奈川県鎌倉市、福田和則社長)は、「ハロー!RENOVATION」という複数の投資家が小口出資できるプラットフォームを整備し再生に必要な資金を調達して投資家と地域コミュニティーを結び付ける。  □  ■  □  ■  これまでに小口出 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月11日