東日本レインズ、19年度事業計画・収支、理事会で承認

 東日本不動産流通機構(=東日本レインズ、瀬川信義理事長)は3月7日、理事会と評議員会を開催し、2019年度事業計画・収支予算を承認した。  19年度の主な事業としては、(1)不動産情報交換事業(2)消費者相談事業(3)調査・研究・公表事業(4)組織強化の推進--と4つの柱を掲げた。  不動産情報交換事業では、不動産情報交換システム(レインズ)の運営で次期レインズシステムを構築することや利用の適正 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月11日