大東建託、CLT実験棟が3月完成、独自木造耐火アパート商品化へ

 大東建託は、「パネル化が可能なCLT耐火外壁」と「施工の手間を省力化した接合金物」を独自に開発し、それらを使ってCLT工法による実験棟建設中だ=写真。3月末に完成する。耐火外壁や接合金物などの施工性や建物全体の施工コストとともに遮音や断熱などの基本性能の検証を行い、CLT工法オリジナル木造耐火建築物の商品化を目指す。2019年度中に販売したい考え。  実験棟は3階建て延べ277平方メートルとなり ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月11日