【連載】CFネッツ流新・大家実践塾□55□、不動産管理法人の節税、保険金の活用で税圧縮効果、利息支払額と減価償却の予測を

 不動産管理法人の節税をするために生命保険を利用する方法はよく知られている。かいつまんで説明すると、(1)役員に生命保険をかける(2)その毎年の保険料の全部または一部を経費として計上し、毎年の法人税を圧縮する(3)解約返戻金が高くなったタイミングで生命保険を解約する。  実際に支払った保険料よりも「解約返戻金+法人税圧縮効果」が大きくなれば、「節税効果があった!」ということになる。ただし、気をつけ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日