BELCA賞ロングライフ部門、資産価値、今も維持

 ロングライフビル推進協会(BELCA、押味至一会長)は、「第28回BELCA賞」にロングライフ部門5件、ベストリフォーム部門5件の計10件を選出した。そのうち、長期使用を考慮した設計のもと建築され、長年適切な維持保全を実施し、今後も計画している建築物を表彰する「ロングライフ部門」には、東京都千代田区の「霞が関ビルディング」(1968年竣工)、東京都港区の「サントリーホール」(86年竣工)、福岡市 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日