日比谷で体験型防災訓練

 東京・日比谷地区で3月1日、街を挙げて「日比谷体験型防災訓練」が行われた。1年前に開業した大型複合ビル「東京ミッドタウン日比谷」と日比谷仲通りをメーン会場に、通りかかった人たちは何事かとスマホのシャッターを切っていた。日比谷エリアマネジメントが主催、三井不動産が共催した。  AR(拡張現実)やVR(仮想現実)などを使った最先端の防災訓練で、本邦初の「リアル液状化通路歩行体験」も登場。硬い砂が一瞬 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日