東急不、学生レジを積極化、年間1千室開発へ、第2弾竣工、首都圏と京都で計画

 東急不動産が東京都北区志茂3丁目で開発してきた学生レジデンス事業の第2弾「キャンパスヴィレッジ赤羽志茂」が竣工、3月から入居が始まる。昨年度竣工した豊島区の「椎名町」(167室)に続く施設。このほか3月末までに「元住吉」(川崎市、65室)「西京極」(京都市、113室)が竣工、開業する。  同社は学生レジデンス事業を有力分野と位置付け、全国で4万3000戸の学生マンション・寮を運営する学生情報セン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日