武蔵小金井駅前で超高層ツイン、沿線最大の複合再開発、野村不全716戸、上旬販売開始

 野村不動産は3月9日から、東京都小金井市のJR中央線武蔵小金井駅南口前で開発中の分譲マンション「プラウドタワー武蔵小金井クロス」の第1期販売を開始する。制震構造の地上26階建てと24階建てのツインタワーで総戸数716戸(うち地権者住戸103戸)と商業施設(1~4階、店舗面積1・2万平方メートル)、医療施設、子育て支援施設などで構成する複合再開発。  同社が参画して10年前に竣工した第1地区の隣の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日