【連載】クローズアップ全住協・優良事業表彰□12□、ジョイナス新宮和(福岡県糟屋郡)、九州八重洲、古民家の景観守る開発モデル構築

 江戸時代後期(17世紀半ば)に建てられたとされる国指定重要文化財「横大路家住宅」に近接し、周辺には今なお古民家が多く残り、歴史的な街並みを形成するエリアでの戸建てプロジェクト。  古民家と離れの茶室を擁する広大な用地を「街の風景や観光を保ちながら次世代に引き継ぎたい」という土地所有者の相談・意向を受けたもの。古民家は蟻被害が大きく、処分を余儀なくされたものの、平屋の茶室は住まいとして利用可能と判 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日