大京全国で積極展開、生物多様性保全、取り組みを体系化

 大京は、マンション開発で2015年から取り組んでいる生物多様性保全の取り組みを「エコロジカル・ネットワークPASS」として体系化し、全国の主要な不動産開発事業で展開する。  同社は、これまでに約40物件で、地域の環境を維持し生態系を守る活動を導入。今後、第三者機関と連携して計画地とその周辺(2キロ圏内)の環境調査を行い、計画地の緑地資源や水系資源など生物多様性ポテンシャルを評価。評価結果に基づき ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日