【特集・賃貸住宅市場の課題と展望】、高齢時代の賃貸経営、孤独死の問題じわり、賃貸住宅のリスクも多様化、特殊清掃で汚損除去、事前告知無用なトラブル回避

 賃貸経営は、これまで賃貸オーナー(家主)が敬遠していた高齢者や外国人といった属性を取り込むことが稼働率を大きく左右すると指摘する声が高まっている。少子高齢社会。賃貸管理会社も需要が見込めるところの受け皿としての賃貸経営をもっと意識してオーナーにアドバイスすることが欠かせない。その一方でリスク管理が一層求められてもいる。 需要の深掘りが映す社会問題  高齢社会の進展に伴い独居老人が増え、そこのリ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日