【特集・賃貸住宅市場の課題と展望】、賃貸需要を見極め付加価値、高稼働はアイデア勝負、入居者の裾野拡大欠かせず

 賃貸住宅マーケットは、少子高齢化に伴う人口減少によって将来展望が読みづらい時代になった。人口流入が続く東京であっても楽観論は聞かれない。客付けにおいては、従来大家が避けて通ってきた高齢者や外国人などの需要層に焦点を当てなければ生き残りが難しくなるとともに、特徴のない無機質な賃貸住宅では入居者が集まらない中で、賃貸住宅の付加価値を引き上げる工夫も欠かせない。エリアごとの需給バランスと付加価値の創出 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日