アパート施工不良外部調査委員会、レオパレス21が設置

 レオパレス21は2月27日、アパートの施工不良問題を受けて取締役会で外部調査委員会を設置することを決議した。委員会メンバーは、西村あさひ法律事務所の弁護士3人で構成する。  2019年3月18日を目途に中間報告を行い、その後再発防止策と社内役員の責任について検討して最終報告書を作成する。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日