【連載】誰でもできる権利調整コンサル入門編第8回、公認不動産コンサルティングマスター上級相続アドバイザー堀田直宏、権利調整コンサルの報酬、業務、付加価値を可視化

 権利調整コンサルの報酬について解説したい。  まず、業務の要件を定める必要がある。私の場合は、権利調整コンサルは不動産に限定しているため、不動産コンサルティング業務の一環と考えている。よって、「不動産コンサルティング研修テキスト」(不動産流通近代化センター)に示されている概要を紹介する。  業務の「内容要件」としては、A:宅建業務からの分離・独立。B:他業務の受託前提の排除。C:新たな付加価値が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年3月4日