今年も都内に話題ビル続々と、渋谷駅に東急電鉄などの47階建ても

 東京都心部は再開発ラッシュ。オフィス大量供給時代の幕開けとなった2018年に続き、19年も新しいビルが続々と誕生する。CBREによると、東京市場での新規供給量(貸し床面積ベース)は18年が25万坪と、過去18年間の平均(18万坪)を7万坪も上回った。19年は20万坪と減少するものの20年は30万坪と再び加速する。平均すると、年間供給25万坪が3年続くことになる。CBREがまとめた竣工予定マップに ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年2月4日