シンガポール仲介会社に出資、野村不インバウンド対応強化

 野村不動産は1月17日付で、シンガポールの不動産仲介会社であるTokio Property Services社(トキオ・プロパティ・サービス=TPS、資本金50万シンガポールドル、高野徹代表)と資本提携した。野村不がTPS社株式の50%を取得し、持分適用会社として共同経営していく。  シンガポールには東南アジア諸国の多くの投資会社が集積することから、日本へのインバウンド不動産投資需要を取り込むこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年1月21日