ハウスドゥ、タイ進出、2月に合弁会社、中古住宅リノベ債権ビジネスも不動産FC500店舗へ

 不動産フランチャイズのハウスドゥは1月10日、タイ王国に進出するため、合弁会社設立で合意し、合弁事業契約の締結を決議した。ハウスドゥが48%、残りを現地4社で出資して2月中旬に設立する。タイで中古住宅のリノベーションやサービサー(債権回収)、フランチャイズ事業などを展開する。  現地の不動産開発会社と住宅金融会社をグループに持つCapital Link Holding(CL社)、Capital  ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2019年1月14日