住宅・不動産業界、2018年重大ニュース

 2018年も残りわずか。わが国の経済が拡大基調と言われながら不透明感が強まる中で、住宅・不動産業界にもさまざまな出来事があった。マンションなどの住宅市況は数年前から続く減速傾向から脱し切れなかった一方で、オフィス市場は「働き方改革」の機運もあって好調を持続。中古住宅流通やリフォーム・リノベーション市場はストック活用の動きを背景に着実な歩みを示したようだ。再開発が進む東京では今年も新たな新名所が次 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年12月10日