【連載】住宅時評トレンドを斬るハウジングライター藤原利彦□995□、ミサワ、売上げ減も受注が好転、注文住宅4・7%増、計画リフォームも下期回復の期待

 ミサワホームの19年3月期第2四半期決算は、売上高1・1%減の1886億2700万円、営業利益24・9%減の27億6700万円の減収減益決算だった。  営業利益の減益要因は、販売数量減によるものが28億円、リフォーム・特建事業の減4億円、市況影響とコストアップ2億円の計34億円。一方、増益要因は、棟単価増・販売部門の利益改善9億円、コストダウン7億円、マンション販売増4億円、賃貸管理・買取再販増 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日