丸の内に複合型新ビル、三菱地所と東商、東京会館テナント9割強内定

 三菱地所、東京商工会議所、東京会館の3者が東京都千代田区丸の内三丁目で開発を進めてきた「丸の内二重橋ビル」が竣工した。11月21日に開いた竣工祝賀会には三菱地所・吉田淳一社長、東京商工会議所・三村明夫会頭、東京会館・渡辺訓章社長のほか、石川雅巳・千代田区長らが出席、新ビルの門出を祝った。  事業は元々ビルを所有していた3者の共同建て替え事業で、敷地面積は9935平方メートル。ここに3者が区分所有 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日