住宅事業系18年度第2四半期業績、シナジー訴求で伸長

 昨年度に上場を廃止し、今年4月に社名を変更したパナソニックホームズを皮切りに、三井ホーム(前号掲載)やヤマダ・エスバイエルホーム(現ヤマダホームズ)など、今年も大手・準大手の住宅会社の完全子会社化や上場廃止が相次いだ。グループシナジーの訴求を各社が進める中、住宅事業が伸長するケースが散見した。  パナソニックホームズなどの住宅や住設機器、照明などの事業を擁するパナソニックのエコソリューションズ社 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日