ポラス所有旧大野家住宅登録有形文化財に、街づくり会社が運営複合施設に再生

 ポラスグループが2015年に取得した「旧大野家住宅」(埼玉県越谷市)の主屋と土蔵の登録有形文化財(建造物)登録が決定した。市内の建造物では今回が2件目の登録となる。  旧大野家住宅は、1905年以前に建ったと推定され、かつては秤屋を営んでいた木造2階建ての店舗兼住居。傘下の中央住宅が分譲開発用地として取得したものの、古民家としての価値や地元の要望などを勘案。改修工事を施し、18年4月に3年契約の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日