【連載】誰でもできる権利調整コンサル入門編第2回、公認不動産コンサルティングマスター上級相続アドバイザー堀田直宏、離婚に介入せず不動産を扱う、仲介と同じ“信頼”が大切

 前回、当社が誰もが行う業務の質を高め報酬につなげていることを伝えたが、今回は事例を紹介する。  別居している夫婦の妻からの依頼で、妻が相続した自宅から引っ越しており、資金に困窮しているので自宅を売りたいが、自宅には夫が住んでおり、夫との離婚調停は不調に終わっているケースだった。通常の仲介業務でこのような事例で、特に「離婚調停が不調」などと聞けば、紛争に介入した非弁活動で「触らぬ神に祟りなし」と敬 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日