【連載】世界のビッグ・プレイヤーたちの横顔ジャパン・トランスナショナル坪田清□10□、万科企業、「不動産+鉄道」商業に積極的

 中国最大規模のデベ、深セン本拠の万科企業の2017年度の売上高は2373億元(3・9兆円)だ。三井不動産の2018年3月期の売上高、1・75兆円の2・2倍である。  同社の筆頭株主は深センメトロという深セン市役所系の鉄道会社だ。あたかも中国でよくある「政府系企業」の一種のように見えるが、違う。中国で勃発した初の敵対的買収からの企業防衛に伴い、深センメトロが筆頭株主になったという経緯なのだ。  そ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日