駅ナカにシェアオフィス、JR東日本ブース型で実証

 JR東日本は11月28日、ブース型オフィス「STATION BOOTH」を東京駅、新宿駅、品川駅の駅ナカに設置し、実証実験をスタートする。 移動時間ロスが少ない駅ナカなどにオフィスを設けて、働き方改革・生産性向上を支援する。  実証実験は来年の2月20日まで、ブース型「STATION BOOTH」を展開するが、コワーキング型「STATION DESK」や固定賃料の個室型「STATION OFFI ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日