【資産運用特集】3~5面、付加価値で安定収益、高まる資産運用ニーズ、人口減少で“差別化”に知恵

 本格的な少子高齢社会が到来し資産運用ニーズが高まっている。一定の資産を持つ層だけでなく、年金など将来不安から資産運用に興味を持つ若年層もめずらしくない。不動産関連投資は、金融商品に比べて利回りが高く、レバレッジがかけられることから、資産運用の王道である。ただ、空き家800万戸時代に突入し賃貸住宅経営は簡単ではない。住宅不動産業界は知恵を絞り、差別化商品を提供する。  かつて収益不動産の価値は、立 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日