大東建託グループが賃貸借契約を電子化

 大東建託パートナーズは11月22日、賃貸借契約の契約期間満了に伴う更新手続きの電子化を開始した。これまで「賃貸借契約更新同意書」への記入・捺印などが必要だったが電子化で対応する。メールやプッシュ通知で更新を案内し、入居者は必要事項をアプリやウェブ上に入力するだけで手続きが完了できる。  更新案内を受け取った後は、24時間いつでも都合のいい時に手続きが可能。入居期間中の入居者情報の変更により運転免 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日