【連載】新・不動産鑑定の現場から、海老沼事務所の視点□14□、入国管理法改正による影響、良くも悪くも不動産業界に直撃

 入国管理法が改正されると、外国人の人口が日本国内で増加します。  いろいろな業種がさまざまな影響を受けると思いますが、初めに考えられるのは間違いなく、我らの不動産業でしょう。  当たり前の話ですが、来日して住むところがないと話が始まらないからです。  さらに言えば、もともと外国人居住者は、法務省によれば2017年末現在における中長期在留者数は223万2026人、特別永住者数は32万9822人で、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日