9月決算、増収減益、個人で366戸販売も、日本財託グループ

 収益マンションの販売・管理を手掛ける日本財託グループ(東京都新宿区、重吉勉社長)は11月20日、2018年9月期決算を発表した。売上高は前期比4・5%増の290億2300万円、経常利益が20億2800万円(同5・2%減)と増収減益だった。東京23区でワンルームを販売しており、グループの管理戸数は2万戸を超えた。  トップ営業マンは年間366戸を販売し、売り上げ70億円を超えているもよう。2位と3 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日