【連載】CFネッツ流、新・大家実践塾□43□、太陽光発電事業の敷地、調整区域内雑種地の評価、規準した価格に手間取る

 地方某市にある産業用太陽光発電事業の敷地の評価を担当した。依頼者は今後の相続税が気掛りの様子。対象地は市街化調整区域内の平坦地で、当然ではあるが地目は雑種地であり、宅地開発は規制されている。  他県の取引事例情報は、あらかじめ閲覧室の申し込みをした上で県の鑑定士会を訪問し、設置してあるパソコンで検索しなければならない。  予約した日を迎え、鑑定士会で検索してみると、やはり調整区域の雑種地の取引は ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月26日