日管協フォーラム2018、賃貸管理・満室稼働のヒントを探る、全国から情報収集に3351人が集結、賃貸市場の縮小に備え、新たなビジネス好機探索へ

 日本賃貸住宅管理協会(末永照雄会長)は11月13日、都内で「日管協フォーラム2018」を開いた。少子高齢化に伴う人口減少と、賃貸住宅マーケットの事業環境の難しさが増す中で、賃貸経営のヒントになる各種セミナー計24コマを開催。全国から747社・3351人が集まった。同協会は、賃貸住宅管理業者や関連事業者を中心に約1500社の会員企業組織し、本部には16の専門委員会を設置している。入居者や家主、管理 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日