虎ノ門ステーションタワー来年着工へ、新駅一体地上49階建て複合

 森ビルが参加組合員として参画する「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」は11月14日、東京都から市街地再開発組合の設立認可を受けた。  東京都港区虎ノ門一丁目と二丁目にまたがる約2・2ヘクタールを対象区域とする国家戦略特別区域法に基づく国家戦略都市計画建築物等整備事業。森ビルが地権者と進めている「仮称・虎ノ門ヒルズステーションタワー」で、オフィスを中心とした「仮称・虎ノ門ヒルズビジネスタ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日