泉パークタウン最終街区に着手、課題解決型まちづくり目指す、三菱地所、パナグループと共同で、先進技術と40年の運営実績を掛け合わせ

 三菱地所が1974年から開発を進めてきた仙台市泉区の泉パークタウンの最終街区開発が始まり、11月12日に第6住区東工区の地鎮祭を行った。同社とパナソニックホームズ、関電不動産開発の3社による共同開発方式を泉パークタウンで初めて採用、先進技術やサービスを導入した社会課題解決型まちづくりを目指す。  まち開きから約40年にわたり管理や商業施設・スポーツ施設など都市機能の保有・運営を手掛けてきた三菱地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日