住宅大手、18年度第2四半期業績、7社中4社が増収、おもな住宅会社の18年度第2四半期決算(上段)と通期予想(下段)、単位:億円以下切り捨て、△は損失。カッコ内は前年同期比で%、△はマイナス

 大手住宅メーカー7社の2018年度第2四半期業績が出揃った。6月から9月にかけ、地震や大雨、台風と自然災害が相次ぎ、各社とも工期遅れが影響したものの、7社中、大和ハウス工業、積水化学工業住宅カンパニー、旭化成ホームズ、住友林業の4社が増収した。  9期連続増収、10期連続増益だった大和ハウス工業の事業拡大の下支えしたのは、商業・物流施設などの非住宅分野だ。住宅では賃貸とストックが堅調に推移した。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日