【連載】CFネッツ流、新・大家実践塾□42□、「新築一棟アパート」、引渡し前の室内確認に特に注意、ポイントは給配水管など3点

 投資用不動産をオーナーチェンジで購入する場合、賃借人が入居しているためほとんどのケースで室内を確認することなく購入することになる。その場合、実際に室内を確認できるのは賃借人が退去した後になり、それが物件購入後の何年も先になったり、想定以上の原状回復費用が発生するというケースは少なくない。  その点、空室の物件であれば室内を確認したうえで引き渡しを受けることができるので、購入時にリフォーム費用など ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日