賃貸住宅の価値最大化、設備機器の更新が欠かせず、プロパティマネジメント、賃貸管理、消費者の動向分析から満室稼働を導く

 マンションやアパートなどの賃料収入を得て生計を立てる大家さん業を不労所得として考える人は少なくなった。少子高齢社会に伴う人口減少が本格化する中で満室稼働にするための知恵と行動が試される。いわゆるPM(プロパティ・マネジメント)が重要になっている。不動産の価値最大化のために設備更新は欠かせない。賃貸管理の現状を追った。  不動産情報サイト事業者連絡協議会が先月発表した「不動産サイト利用者意識に関す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日