レオパレス21、民泊事業を本格化、来年2月までに15棟展開

 レオパレス21は民泊事業を本格化する。大田区に保有するアパートを楽天ライフルステイの運用代行で実施しているが、12月から来年2月にかけて15棟を民泊展開する予定。  当初は保有アパートでの展開だが、今後、空き家や築古物件も対応していき、民泊の自社運営も行い民泊事業を拡大する。都内では大田区のほかに文京区、足立区、豊島区を候補エリアとし、横浜市や名古屋市、大阪府、奈良県、福岡市でも実施する。  住 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日