リビン・テクノロジーズ調べ、「親の不動産相続したい」6割、子どもに資産残したい5割超

 不動産関連の比較査定サイトを運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無社長)は11月15日の「いい遺言の日」(りそな銀行制定)に合わせて「不動産相続について、子の気持ちと親の気持ち」を調査したところ、60・4%の相続人が「親の所有不動産を相続したい」ことがわかった。一方、「子どもに相続しない」(19・7%)も2割いた。子どもに相続させたい理由は「所有不動産を守ってもらいたい」が39・ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月19日