全日本不動産協会「全国不動産会議石川県大会」、金沢市で開催、約1500人集結、中古住宅流通の活性へ、空き家問題の解消が鍵握る、金澤町家の再生から学ぶ、宿泊・飲食・高齢施設に転用

 全日本不動産協会と不動産保証協会は11月8日、「全国不動産会議 石川県大会」を金沢市内で開催した。総勢1500人弱が集まった。記念講演として石川県中小企業団体中央会会長で前金沢市長の山出保氏が「伝統と文化のまちづくり」をテーマに講演し、調査研究発表は、「『生涯活躍のまち』構想の現状と課題~地域における行政と不動産業の役割~」をテーマに行った。全国不動産会議は、1967年(昭和42)から住宅・不動 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月12日