住之江に物流施設、関電不動産開発

 関電不動産開発が大阪市住之江区に開発していた物流施設が竣工した。 関西電力大阪発電所跡地を活用して、地上4階建て延べ約6万3766平方メートルの施設を開発。総合食品卸の加藤産業が、ライフコーポレーションの総合物流センターとして利用する。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月12日