明石市のJT跡地に住宅788戸、関電不動産ら4社市と基本協定締結

 関電不動産開発、三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、住友林業の4社で構成するグループは、兵庫県明石市が実施したJT跡地売却の公募型プロポーザルによって優先交渉権者に選定を受け、明石市と土地売買仮契約書・基本協定書を締結した。  JR山陽本線大久保駅南側のJT跡地の一部3万5680平方メートルをグループが取得し、「人とまちを結ぶ」「人と人を結ぶ」「あらゆる世代を結ぶ」「未来へつなぐ」を開発コ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月12日