【連載】競売物件東京地裁開札トピックス-60-、業者の仕入れは未だ堅調か?、事業者向け融資堅調で強気仕入れ続く

 10月25日開札での一番人気は好立地の古アパートであった。その物件は西武池袋線「椎名町」駅徒歩約3分に立地する。  土地は南側で幅員4・3メートルの公道に面する整形地で広さは約75坪である。その上に1956(昭和31)年6月築の木造2階建の古アパートが建っている。 風呂なし、共同便所で17室の和室から成っており、さながら昔の学生下宿である。  占有者は一人を除き買受人に対抗できない賃借人であるの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月12日