首都圏で上半期苦戦ソニー不など提携へ、センチュリー21

 センチュリー21・ジャパンの2019年3月期第2四半期業績は、売り上げが前年比1・9%増とほぼ横ばいの20億円となり、本業の儲けを示す営業利益は6億円(同1・7%減)だった。首都圏が苦戦したのが響いたが、西日本エリアは堅調に推移した。  加盟店は9月末時点で29店舗増えて944店舗となった。加盟脱退が19社あったが、1年前の37社から半減している。  下期は、加盟店の収益構造を転換するための施策 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月12日