不便・不安を解消、ターゲットは自立シニア

 かつての“おみこし”で生産年齢人口層が高齢者を支える仕組みがもはや成立しなくなり、街中でも空き地・空き家が増えるなど、少子高齢化はさまざまに影響している。一方で、いわゆる“アクティブシニア層”が増え、高齢者のニーズも多様化が進んでいる。各社は社会課題の解決に挑むとともに、新たな需要の掘り起こしにしのぎを削っている。 介護未満でも弱る身体/家事負担を軽減  バスなどが不可欠な郊外に所在するサービ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2018年11月12日